忍者ブログ
テレビや新聞、雑誌で話題のレアアイテムや、人気ブランドなど健康とキレイに良いものをご紹介します。

便利になったテレビ電話で同じ趣味をもつ人と出会えました

LINEというアプリが登場したことによって、ケータイ電話特有のどこにいてもメールや電話をすることができるという特徴は綺麗にラインに吸い取られてしまいました。そんな、万能なラインですが、さらには発生当初は誰もが喜んでいたテレビを観れるワンセグという機能さえも吸い取ってしまうほどの有力さになりました。
それは、ラインのテレビ電話によるものです。テレビ電話では、リアルタイムでケータイ電話のカメラ画面から映し出された映像を見ながら会話ができるというツールです。
基本的な使い方としては、きっと自分の顔を写しながら通話するのが一般的な考え方だとは思うのですが、じつはビデオ通話でテレビ画面を撮影しておけば相手にその映像が伝わるので、テレビを観ているも同然になるのです。この発想、あなたには思いつきましたか?ぜひやってみてください。

私の趣味は小さなドールを集めることなのですが、一応リアルな友人にはそれを内緒にしています。もしヒカれてしまったらどうしよう、ハブられたらつらいというのがあるからです。
そんな私でも同士が欲しくてツイッターにドールアカウントを持っています。自分の同士をネットで探すのは簡単で、タグに自分の好みや趣味をつければ気の合う人を見つけることができるのです。
最初はどきどきしていたのですが慣れてくると、この人に会ってみたいなぁなどという気分になるときがあります。そんなとき、自分の住んでいる地域でドールフェスというのがあり、それに参戦することになったのです。
同じタグを使っている人と会えることになりました。ネットでやりとりしているだけよりも緊張感が半端なく、実際会ったとき自分のことを気に入られなかったらどうしようなどネガティブなことばかり考えていました。
しかし実際にあってみると皆気さくで優しくてネットと同じような感じで話すことができたのです。話を聞いてみるとあちらも私と同じように気負っていたようですが、そういうどきどきも含めてネットでの出会いだなぁと楽しんでいます。
PR