忍者ブログ
テレビや新聞、雑誌で話題のレアアイテムや、人気ブランドなど健康とキレイに良いものをご紹介します。

お爺さんとLineのテレビ電話で繋いで初孫見せた

私に子どもができた時、父は初孫をすごく喜んでいて、出産する時も遠くから病院に来るほどでした。孫が産まれてから、孫の成長を楽しみにしていて、私の家から実家までは遠いので2~3ヶ月に一回帰るのを楽しみにしていました。そんな父に病気が見つかり、家で療養していたのですが、あまり良くなく、本人も落ち込んで、子どもの声が聞きたいと時々電話してきてました。
徐々に体調が悪くなり、急きょ入院することになり、いつ退院できるかわからない状況で、私も家族も面会に行ったのですが、父が一番喜ぶ、孫だけはまだ小さく、感染する危険や病気を持ち込む可能性があったので、面会出来ませんでした。
頑張って闘病生活を送っていたのですが、時々孫に会いたいなと言っていて、私もこういうこと出来るようになったよとかは話せるけど会わせられないので、父が一番元気になるのにと思い、悩んでました。その時に主人がテレビ電話なら、子どもが病院に行かなくてもじいじと会えるし、成長してるところも見せられるよと言ってくれて、父の携帯はテレビ電話できないので、主人が車の中で子どもと残って、私とラインでテレビ電話を繋いで、父に見せてあげました。

父は、すごく喜んで、孫を抱っこしたいから頑張ると元気が出たようでした。子どもにとっても、ずっと会ってないと顔を忘れてしまいますが、テレビ電話で顔を見れば、じいじだとわかるし、じいじにとっても、孫にとっても、良いアイテムだなと思います。
PR

テレビ電話のおかげで祖父母に見せれたひ孫の顔

福岡に住んでいますが、祖が北海道にいます。福岡と北海道なので気軽に会いに行けるような距離でもなく、数年に一度会うか会わないかの状態でした。そんな時私が結婚し、子供に恵まれた時、北海道に住む祖父母にひ孫の顔を見せてあげたい、そう強く思いました。


しかしあいにく仕事の都合で連休というものが全く取れず、妻の容態を考えると日帰りで行くというわけにも行きません。しかしどうにかして北海道に住む祖父母にひ孫の顔を見せてあげたい、中々気軽に叶えられない願いにひどく悩みました。


そんな時にふと気がついたのです。スマートフォンのテレビ電話をすれば良いじゃないか、と。幸い、去年帰省した時にこれからのことを考えて母と協力して祖母に携帯電話を買ってあげていたのです。早速母に電話をしテレビ電話のことを伝えて協力をお願いしました。


母は父の仕事の都合で、現在東北に住んでおり、日帰りでもなんとか祖父母の元へ行くのが可能だったのが幸いしました。私と母の休みを合わせて、母の協力のもと北海道に住む祖父母へテレビ電話を行い、早速生まれたばかりのひ孫を見せました。


ひ孫の誕生を知った日から悪くした足に無理言わせて福岡まで来ようとしてた祖父母達は初めてみるひ孫の顔に釘付けで、画面をチラ見するたびに、画面に近づいてる祖父母の顔が目に入り、妻と共に笑いあってました。遠く離れた祖父母に、元気なひ孫を見せてあげることができて本当に良かったです。

便利になったテレビ電話で同じ趣味をもつ人と出会えました

LINEというアプリが登場したことによって、ケータイ電話特有のどこにいてもメールや電話をすることができるという特徴は綺麗にラインに吸い取られてしまいました。そんな、万能なラインですが、さらには発生当初は誰もが喜んでいたテレビを観れるワンセグという機能さえも吸い取ってしまうほどの有力さになりました。
それは、ラインのテレビ電話によるものです。テレビ電話では、リアルタイムでケータイ電話のカメラ画面から映し出された映像を見ながら会話ができるというツールです。
基本的な使い方としては、きっと自分の顔を写しながら通話するのが一般的な考え方だとは思うのですが、じつはビデオ通話でテレビ画面を撮影しておけば相手にその映像が伝わるので、テレビを観ているも同然になるのです。この発想、あなたには思いつきましたか?ぜひやってみてください。

私の趣味は小さなドールを集めることなのですが、一応リアルな友人にはそれを内緒にしています。もしヒカれてしまったらどうしよう、ハブられたらつらいというのがあるからです。
そんな私でも同士が欲しくてツイッターにドールアカウントを持っています。自分の同士をネットで探すのは簡単で、タグに自分の好みや趣味をつければ気の合う人を見つけることができるのです。
最初はどきどきしていたのですが慣れてくると、この人に会ってみたいなぁなどという気分になるときがあります。そんなとき、自分の住んでいる地域でドールフェスというのがあり、それに参戦することになったのです。
同じタグを使っている人と会えることになりました。ネットでやりとりしているだけよりも緊張感が半端なく、実際会ったとき自分のことを気に入られなかったらどうしようなどネガティブなことばかり考えていました。
しかし実際にあってみると皆気さくで優しくてネットと同じような感じで話すことができたのです。話を聞いてみるとあちらも私と同じように気負っていたようですが、そういうどきどきも含めてネットでの出会いだなぁと楽しんでいます。

感染症かなと思ったら自宅でもできるセルシーフィットの性病検査キット

性病の悩みって、あまり大きな声で人には言えません。
医者に診てもらうのも、ちょっと恥ずかしい。
だけど、放っておいたら命に係わるかもしれない。

そういた、性の悩みを解決するのが、保険証なしで自宅でもできる性病検査キット、セルシーフィットです。

性の悩みを抱える自身だけではなく、最近では長い人生を共にする結婚相手も、一緒に検査を受ける人が増えています。
なぜかというと、性感染症は自分たちだけではなく、子供への感染も心配されるからです。
また、不妊症の一番の原因とも言われています。

仕事でなかなか病院で受診できない方も、自宅で検査をすることができます。
自宅で簡単にできるとはいっても、その精度は、病院や保険所も行う検査所で検査するので安心です。
病院に行くことなく検査できるので、人に見られる心配もありません。
検査についても、匿名で行われます。

検査の流れは、ネットで注文して届いた検査キットに検体を入れて返送するだけと、簡単です。
検査結果はPC、モバイル、携帯で見ることができます。希望があれば郵送も可能です。

ブライダルを控えたお二人や、不安を覚えるような行為をもったとき、デリケートな部分に違和感を覚えたときなど、
将来のことを考え、ひと通り検査を受けられてみてはいかがでしょうか。

借金額や返済状況に合わせた、クレジットカード債務整理

借金がなかなか減らず返済に苦労されている方や、完済している方も弁護士に相談して手続きを行うことにより、
過払い金の返還や借金の減額ができる場合があります。

融資の利息には2つの法律で年利の上限があります。
利息制限法には、年率15%から20%が上限であり、出資法は、年率29.2%が上限と決まっています。
これまで、消費者金融やカード会社などの多くは、後者の出資法での融資を行っていました。
しかし、本来、利息制限法より高い金利は払う必要のないものです。
任意整理では、この本来払う必要のない金利を、取引を開始した時まで遡って、適正な金利での計算をし、
多く返済をしていた金利分を元金に当てて返済を減額していきます。

既に返済が終わっている場合でも、消費者金融のキャッシングや、クレジットカードのリボ払いなど、
過払金返還請求にてお金が戻ってくる場合があります。

債務整理には他にも、人生を再スタートさせるための自己破産、金融会社と話し合いで減額などを行う特定調停、
家などの資産を残しながら、住宅ローン以外の借金を約5分の1程度にする個人再生があります。

どの債務整理がご自身に適しているかは、法律に詳しい専門家と話し合うことが合理的です。
リンクパートナー総合法律事務所は、そういったお金に関する相談を24時間いつでも受付しています。
        
  • 1
  • 2